賃貸で騒音が気になった場合

賃貸マンションを借りた場合には、隣の部屋の人とトラブルにならないようにしなくてはなりません。

賃貸住宅でトラブルになる事で上位にくるのは騒音の問題です。上下階の騒音が酷くて住人同士でもめてしまうという点があります。騒音というのは一度気になりだすと少しの音でも気になってしまうようになりますので、ちょっとしたことで敏感に反応してしまうことになるでしょう。しかし騒音が気になったからと言っても、すぐに苦情を出すのはよくありません。

相手の騒音が気になったとしても、もしかすると相手も我慢してくれているかもしれないからです。例えば子供の走る音や飛び跳ねる音が気になったとしても、相手はこちらの洗濯機の回る音が気になっているのかもしれません。相手は我慢してくれているのに自分だけ苦情を出してしまえば、相手の気持ちを踏みにじってしまうことになり、トラブルに発展しかねないのです。ですので騒音が気になったとしても、出来るだけ我慢するようにしておいた方がいいでしょう。

リビングにいる時だけ騒音が気になるのであれば、他の部屋で過ごすようにしてみる事です。部屋が変われば案外騒音が気にならないようになる事があります。他の部屋に移動することによって騒音が気にならなくなるのであれば、出来るだけその部屋で過ごすようにしていく事で、自然とストレスもたまらくなってきますので生活をしやすくなります。賃貸の管理では苦情を伝える前に出来るだけの努力はしてみるようにしなくてはなりません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *