賃貸で騒音トラブルを防ぐために

家族で賃貸に引越したときには、きちんと周辺の部屋の人に挨拶をしておくようにしたほうがいいでしょう。

その時には子供がいる事をきちんと伝えるようにしておくべきです。もしも子供がいる事を伝えずに挨拶もしていなければ、子供が部屋の中で走ってしまったり飛び跳ねてしまった時に何の音かとびっくりされてしまいます。子供がいる事を伝えておけば、子供が飛び跳ねているのだろうという風にある程度察しがつくようになります。

最初に引越して来た時に子供がいるので迷惑をかけてしまうかもしれないという事を伝えておくようにすることで、トラブルを回避することが出来るかもしれません。まったく話もしたことがなく、顔も知らない相手に対しては騒音があれば腹は立つようになりますが、知っている相手であれば少しでもその気持ちを抑えることが出来るようになるものです。もちろん顔見知りだからと言って、賃貸で何をしてもいいというわけではありません。

騒音というのは自分で感じている以上に相手は気にしているものです。賃貸の場合は歩くだけでもその足音が響く場合もありますし、ドアを閉める音でさえも相手に伝わることがあるのです。ですので、出来るだけ音がしない様な生活を心がけるようにしなくてはなりません。そして子供が騒音を出してしまう事を防ぐためにも、きちんとしつけをするようにしたり、音が響かないようにマットなどをひいて防音対策をしていくようにしておきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *