事故物件を賃貸するという選択肢

賃貸物件を探すのにどうしても気になるのが家賃です。

払える限度があるので安くて条件のよい物件が人気です。まれに条件がいいのに異様に安い物件がありますが、こういった賃貸物件は注意が必要です。というのは多くの場合事故物件だからです。そこで殺人事件や自殺などの事件があったり、火災などがあったりした物件を事故物件と言います。事件現場はきれいに掃除されたり修復されていても、そういった事件があったという事実は心理的に負担になることから次の住人がつきにくくなります。

そこで安い家賃にして住んでもらおうというわけです。実は事故物件に関しては業界で明確な定義があるわけではありません。前の住人に何かあった場合は告知義務がありますが、前の前の場合は義務はないですし、元の家賃に戻す場合がほとんどのようです。つまり事故物件がどうかを知る由がないのです。そこでそんな事故物件を掲載したサイトが登場し、人気となっています。

ただ、その賃貸物件で何か事件があったからと言って、次に住む人にも同じような事件が起こるわけではないですし、何となく気持ちが悪いだけなので、まったく気にしないというなら事故物件はリーズナブルに借りられるのでお得ではあります。ただ、多くの場合はそう思わないので安い値段で設定されているのです。通常であれば何となく気持ちが悪いので事故物件を嫌う人がほとんどですが、とにかく安いところがいいとか、恐いもの見たさであえてこういった物件を選ぶという方法もありなのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *