横浜でスマホ修理をするなら正規店か非正規店か?

横浜で画面割れやバッテリーの不具合などスマホが故障してしまい修理が必要になった場合、メーカーやキャリア直営の修理店である正規店と、それ以外の非正規店のどちらに依頼すべきか迷ってしまう方は少なくないでしょう。多くの方は正規店の方が安心して依頼できるというイメージを持っているかと思いますが、非正規店には正規店にはないメリットがあります。ここでは、横浜でスマホ修理が必要となった場合、正規店と非正規店のどちらに依頼すべきかについて解説していきます。正規店にスマホ修理を依頼するメリットとしては、純正の部品を使用した修理を行ってくれるので安心感があることです。

また、故障具合によっては本体交換が可能なこともあり、オプションで保証サービスに加入している場合は保証の範囲内での修理を受けられます。しかし、正規店に依頼すると修理に時間がかかるというデメリットがあります。修理に要する時間は故障具合によっても異なりますが、手元に戻ってくるまでに1か月以上かかってしまうケースも少なくありません。加えて、正規店に修理を依頼すると内部データが初期化されて戻ってくることが多いので、データのバックアップが必須というデメリットもあります。

一方、非正規店のメリットは、修理に要する時間が短いことです。非正規店では、故障箇所を見極めた上でピンポイントの修理を行うので、ほとんどのケースにおいて正規店に依頼するよりも早く修理が完了します。また、画面割れなどパーツ交換のみで済む故障に関しては、即日での修理も可能です。加えて、多くの場合、データを消去せずに修理を行ってくれるのもメリットも一つでしょう。

さらに、非正規店では基本的にピンポイントのパーツ交換のみを行うので、正規店よりも価格が安くなる傾向があります。このように、非正規店には正規店には無い様々なメリットがありますが、非正規店で修理をしてしまうと正規店でのサービスを受けられなくなるというデメリットがあります。正規店以外の店舗で修理をしたスマホは、改造品として見なされてしまうので、メーカーやキャリアの保証対象外となってしまいます。加えて、非正規店の中には悪質な業者も存在するので、依頼する業者は慎重に選ばなければいけません。

以上のように正規店と非正規店には、それぞれメリット・デメリットが存在します。そのため、横浜でスマホ修理が必要となった場合、どちらに依頼すべきかは個々のケースによって異なりますが、基本的にメーカーやキャリアの保証サービスに加入している場合は正規店に依頼すべきでしょう。一方で、修理にかかる時間を重視するのであれば、非正規店に依頼することをおすすめします。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です